サイトリニューアル記念!!
10,000円(税込)
以上のお買い物で
1,000OFF割引
クーポン
GET!!
の割引クーポンが
ご利用いただけます。
期間中お一人様複数回のご利用が可能です。
ただし、お会計1回につき1回のご利用となります。
※一部クーポンが利用できない商品もあります。
サイトリニューアル記念
10,000円(税込)以上のお買い物で
1,000OFF
クーポンGET
サイトリニューアル記念
10,000円(税込)以上のお買い物で
1,000円OFFクーポンGET!!

会社概要

会社概要

商号株式会社 SPORTS LABORATORY
英文商号:SPORTS LABORATORY Inc.
設立2008年1月10日
代表代表取締役 本多 弘器
事業内容スポーツ用品、キャンプ用品、レジャー用品の製造及び販売
本社所在地 〒190-0021 東京都立川市羽衣町 2-49-12
資本金1,000万円
決算期毎年2月末日
売上高12億円(2020年2月期)
従業員数34名(パートを含む、2020年04月現在)
関係会社 株式会社ビークル http://www.vehicle.ad.jp/
株式会社スポーツマン
取引先銀行伊予銀行・三井住友銀行・みずほ銀行
主取引先(順不同)
  • 株式会社 アシックス
  • ミズノ 株式会社
  • 株式会社 デサント
  • 株式会社 ゴールドウィン
特定商取引法に基づく表示

沿革

1995年
12月
株式会社スポーツマンに於いて、東京多摩地区初のプロバイダ 「インターネット ビークル」 発足
1997年
9月
「株式会社 スポーツマン インターネットビークル 事業部」を分離独立し、「株式会社ビークル」(資本金1,000万)を設立
2002年
12月
株式会社スポーツマンに於いて、インターネットに於けるスポーツ用品販売業務を推進する為、株式会社ビークルによる全面支援のもと、スポーツ総合コミュニティ&通販サイト 「 Sportsman.jp 」 を展開開始
2006年
3月
Sportsman.jp 物流システムを自社開発
入出庫等の在庫管理から送り状発行まで、全て無線LANによるモバイルシステムに全面移行
2006年
6月
Sportsman.jp に於ける販売強化の為、東京都八王子市(450坪)に東京ロジスティクスセンターを新設
2007年
2月
Sportsman.jp モバイル
3キャリア( imode, au, Yahoo!ケータイ )に全て対応した、Sportsman.jpのケータイショッピングサイトを公開開始
2007年
6月
Sportsman.jp 物流システムを刷新タッチパネルを活用した入荷処理や納品書印刷の自動化により、さらなる物流効率の向上を実現
2008年
1月
株式会社 SPORTS LABORATORY 」(資本金100万)を設立
2008年
2月
株式会社スポーツマンのネット事業分社化に伴い、東京エリア及びSportsman.jpを含む全ての通販事業の営業権を譲受し、併せて、株式会社ビークルの全株式を取得し、完全子会社化
2009年
1月
Sportsman.jp Yahoo!店、Sportsman 楽天市場支店における、在庫同期システムをリリース本店支店を通じてリアルタイムで一貫した在庫管理機能を実現
2010年
3月
Sportsman.jp フルリニューアル第3弾 『4つの新規ブースを新設』
【スポーツ】【アウトドア】【ゴルフ】【フィットネス・健康】【ファッション】毎に、商品を展開開始
2011年
2月
2月21日付けで、資本金を900万円増資(新資本金1,000万円)
2012年
2月
Yahoo!ショッピング 2011年ベストストア、楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー2011 ダブル受賞
2012年
4月
愛媛県、及び、宇和島市より助成金対象事業社に認定
大規模コールセンターを、愛媛県宇和島市に於いて、事業開始
2013年
5月
Sportsman.jp 完全リニューアル 『同一URLにて、全ての端末にフル対応!』
パソコン・スマホ・タブレット・携帯毎に表示内容を最適化し、検索・履歴機能を大幅に強化
2015年
9月
東京ロジスティクスセンターの物流システムを刷新、150%以上の物流効率化を実現
2017年
1月
社内システムの全てを、クラウドサービスに移行し、パフォーマンスと可用性の最大化
2017年
3月
ポンパレモール年間グランプリショップ 2016 受賞
2019年
12月
一般財団法人日本情報経済社会推進協会 プライバシーマークを取得
2020年
3月
au ショッピング Best Shop Award 2019 受賞
2020年
9月
Sportsman.jp サイト Webアプリに完全移行
PWAに完全準拠し、Google推奨のマテリアルデザインを全面採用

店舗・オフィス・物流